■プランニング

・通風(夏涼しく暮らす)

風通しの良い住宅は家族にとっても、建物にとっても必要です。
風が通ることによって湿気や室内汚染物質を流してくれたり、夏には涼しく感じられたり。
風は地域や立地条件、時間や季節によって様々な方向から吹きます。
そこで重要なのが風の通りやすい窓配置や大きさ、各部屋だけでなく住宅全体の通風がよくなるプランを考慮することです。
まず風の流入口と流出口については、空気は冷たい方から温かい方へ流れる性質があります。
流入口は部屋の低い位置、流出口は天井に近い位置にあった方が良いでしょう。
位置については対角がベストです。
これは一般的なことでやはり、
先にも述べたように地域や立地条件など周辺環境にも影響されますので
敷地にあった通風計画を私たちは考えます。
自然光
夏涼しく暮らせる家(住宅全体を通風するエコロジー住宅)
Home
Works
Flow
About us
Contact
◀Back
Next▶
お気軽にご連絡を
事務所紹介
住宅が建つまでの流れ
MNA 実績紹介

 

ホームへ

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 株式会社長岡正芳建築都市研究所へ | MNA HOUSE 実例紹介 | MNA HOUSE 設計監理の流れ | MNA HOUSE プロフィール | MNA HOUSE 問い合わせ |
| サイエンハウス | 水耕栽培 | 家庭菜園 | 家庭科学 | 健康住宅 | 自然素材 | 注文住宅 | デザイナーズ住宅 | 長期優良住宅 | 姫路 |
copyright(c)Masayoshi Nagaoka Architect & Associates Co.,Ltd.all right reserved.